MENU

転職活動でなかなか受からない時はどうすれば良いか

お仕事探しをしている方々は、難航している事があります。なかなか受からないからです。数多くの会社で面接を受けるものの、転職先が見つからないという事例もよくあります。結局その問題は、客観的に分析してもらう事がポイントになるでしょう。

 

 

1.受からないのは理由がある

 

 

なかなか受からない理由は、色々考えられます。例えば、転職回数が多すぎるという理由はあり得ます。あまり回数が多いと、会社側としては確かに敬遠する傾向はあるからです。その他にも、面接時の印象などもあり得ます。人事担当者に対する印象があまり良くなければ、不採用になる確率は高まるでしょう。その他にも、アピール不足などもあり得ます。自己紹介などを行ってアピールを頑張ってみるのですが、言葉足らずなどの理由で不採用になる事もあります。したがって、

 

  • 転職回数
  • 印象
  • アピール不足

 

こういった要素が考えられますが、他にも色々理由はあり得る訳です。

 

 

2.原因特定と改善がポイント

 

 

それで転職を成功させたいと思うなら、やはり自分の原因を特定する事がポイントになるでしょう。上記のような様々な理由は考えられますが、結局自分はどれが原因なのかを突き詰める必要はあります。原因が分かったら、それを改善していかないと転職活動も難航してしまいかねません。

 

 

3.自分1人で原因を特定するのは困難

 

 

ただ原因を特定するとは言っても、自分1人ではなかなか難しい事もあります。自分なりに色々分析はしますが、客観的に自分を見るのも難しい事もあるでしょう。まして面接での立ち振る舞いなどは、なかなか自分1人では判断も難しいです。鏡でも見ていない限りは、自分の姿が見えないでしょう。

 

 

4.サービス会社などを利用して客観視してみる

 

 

このため、やはり誰かに客観的に診断してもらうのが良いでしょう。客観的な目線で見てみないと、原因も突き詰めづらいのは確かです。1つのやり方として、人材サービス会社もあります。いわゆる人材紹介会社などに登録をして、アドバイスを伺ってみるのも一法なのです。人材業界での経験が長い方々が客観的な目線で見てくれるのは、とても頼もしいです。とりわけサービス会社の模擬面接などは、一度利用してみると良いでしょう。ビデオ撮影なども行ってくれますから、自分の問題点も見極めやすいです。

 

 

客観視をして改善を試みる

 

 

ですから転職でなかなか受からない時には、自分を客観視すると共に、模擬面接などを受けてみると良いでしょう。もちろん原因が分かったら、自分なりに改善すべきなのは言うまでもありません。逆に、それを行えば受かりやすくなる傾向はあります。

 

 

転職回数が多い場合 / 自己PRサンプル集 - マイナビ転職