MENU

転職活動における電話でのやり取りとそのポイント

内定を目指すとなると、電話は1つのポイントになります。転職活動では、電話の対応には気を付けた方が良いでしょう。やはり丁寧な姿勢を心がけると共に、きちんとメモを取る姿勢が大切です。後者は、トラブル防止の意味合いもあるからです。

 

 

1.応募でのやり取りで電話することになる

 

 

転職活動で電話をするのは、主に応募時です。例えば紙媒体の求人広告を見て、良さそうな企業を見つけた時には、応募する事になるでしょう。その際に、掲載されている番号に電話をかけるからです。それと人事選考に関する様々な連絡もあります。面接日時や持ち物などの連絡を行いますから、少なからず企業の担当者とは電話でやり取りする事になるでしょう。

 

 

2.電話に関する対応は選考基準の1つ

 

 

ところで企業側としても、やはり人材選考に関する様々な基準を設定しています。採用基準にも複数要素がありますが、電話対応もその1つなのです。電話での受け答えを聞いてみれば、採用したい人材かどうかもある程度判断できます。ですから転職で成功する為には、やはり電話対応は大切なのです。

 

 

3.丁寧に対応するよう心がける

 

 

心構えとしては、やはり丁寧に接するべきでしょう。あからさまに無愛想な態度を取ってしまえば、もちろん人事担当者に対する印象は良くありません。もちろん言葉遣いなども注意を要します。まして転職となると、社会人マナーが備わっている人材を求める事になります。最低限のマナーを心がけておかないと不採用になってしまう事もあるので、要注意です。

 

基本的な言葉づかい | 転職サイト[PROSEEK] - 社会人として

 

 

4.電話の内容は必ずメモを取る

 

 

それと、電話の内容はきちんと記録しておくべきです。少なくとも応募の電話をかける時には、手元にメモ帳は用意しておく必要があります。きちんと内容を書き留めておかないと、何らかの手違いが発生してしまう事もあるからです。電話で伝えられた書類を、うっかり面接で忘れてしまえば、もちろん減点されてしまいます。電話をかける時にメモを取るのは、やはりトラブル防止になる訳です。時には応募先企業から電話がかかってくるのを、待つ事もあるでしょう。そういう時も、必ず手元にメモを用意しておくべきです。肝心の話を聞き逃してしまいますと、後になって大変な事になりかねません。

 

 

転職する時の電話のポイント

 

 

ですから転職活動における電話対応については、

 

  • 電話での受け答えは採用基準の1つ
  • 好印象になる話し方を心がける
  • 電話で伝えられる内容はメモを取るべき

 

こういった事が言える訳です。中でも3点目が大切です。メモを取っていれば、相手の話を熱心に聞かざるを得ません。それは好感度にも関わってきますし、転職活動中の電話では、実はメモがとても大切なのです。